売れる商品写真が初心者でも撮れる 広告写真のプロが教える写真講座

HOME > 商品・サービス > 売れる商品写真が初心者でも撮れる 広告写真のプロが教える写真講座 監修:高崎勉

売れる商品写真が初心者でも撮れる広告写真のプロが教える写真講座(基礎編・実践編)

売れる商品写真が初心者でも撮れる
広告写真のプロが教える写真講座
(基礎編・実践編)

監修:高崎勉


商品構成:
基礎編:DVD 1枚
収録時間(91分)
実践:DVD 2枚
収録時間(167分)

在庫状況:在庫あり

価 格:
29,800円(税別 )
(税込価格: 32,184円)

発 送:翌営業日に発送します。

買い物カゴに入れる

カメラ初心者でも分かる!撮れる!
プロ並みの売れる商品写真の撮り方がわかる。
カメラ専門書のような難しい内容を知らなくても魅力的な写真が撮れるようになる。
基礎がしっかりしているので、応用に活用できる 。
商品写真に特化したプロのノウハウを学べる。
カンタンに、短時間で、魅力的な写真の撮影のコツを学べる。
見てすぐに実践できる、わかりやすい内容。
写真を撮りたくてウズウズしてくる楽しい解説DVD。
あなたの好きな時間に好きな場所で自由に学べる 。
思わず使ってみたくなるテクニックが満載 。
業界トップクラスのカメラマンのノウハウを知る、めったにないチャンス。



商品概要

じつは、「きれいな写真」がそのまま、「魅力が伝わる売れる写真」とは言えません。
商品写真の撮り方を変えるだけで、商品の魅力はもっと伝わるようになります。
有名企業からも依頼を受ける、業界トップクラスのプロカメラマンだからこそ知っている、
売れる商品写真のポイントを知って、あなたも売上をアップしたいと思いませんか?
このプロが教える写真講座セットでは、カメラ初心者でもプロ並みの写真を撮ることができる、
商品がバンバン売れる魅力的な写真を撮るための、プロのノウハウを分かりやすくお伝えします。


初心者でも、プロ並みの商品写真が撮れる!!
バンバン売れる商品写真をラクに撮るためのテクニックが
見て、すぐ実践できるDVD講座になりました。


商品をより魅力的に見せるための、正しい照明の当て方や、カメラの設定、機材の選び方、小道具の使い方などのポイントを、
ていねいに解説しています。
商品の写真は商品の売上を左右する要素の1つです。
もしあなたが、自社の商品写真を、プロに頼まずに、自分で。できるだけ低予算で、カンタンに、短時間で撮れたら。
そして、もっと売上をアップしたい、と思われているなら、きっとお役に立てていただけることでしょう。


目次・章立て

基礎編

Chapter1 ごあいさつ

はじめに、私からのごあいさつとともに、この写真講座でお伝えする貴重な内容について、カンタンにお話したいと思います。

Chapter2 商品を売るために必要な写真とは?

ひと言で広告用の写真と言っても、じつはいくつかの種類にわかれており、その撮影方法も大きく違います。
まずは、撮影する写真はどんな目的で、どんなことを意識して撮れば良いのか、確認していきましょう。

Chapter3 スタジオ撮影の基本について

ネットショップの購入ボタンのアイコンや、商品のラインナップなどで使う写真では、セットを組んで撮影するのが一番です。
ですが、難しいと感じる方も多いです。
そこで、ここからはセットを組んで撮影する、スタジオ撮影についてプロの技を学んで頂けます。
まずはじめに、撮影でいちばん大事なこと。撮影の基本的な流れ、最小限、用意する機材とは?について、順番にお伝えします。

Chapter4 ライティングの効果とは?

まずは練習として、実際の商品よりも撮影がカンタンな「白い缶」を撮影してみましょう。基本的な、背景、ライト、商品、カメラのプロのセッティングを見て学んでいきます。
とくに撮影の流れの中で、ライトがどんな役割を果たすのか?どこに、どんな設定でライトを置けば良いのか?というライティングについての解説は必見です。

Chapter5 ストロボ(照明機材)の使用と照明の注意点

専用のストロボ(照明)を扱うのは難しい!?
いいえ。そんなことはありません。 商品撮影にこそ、専用のストロボを正しく使って、強い味方にしましょう。
ストロボ撮影を上手に進めるコツをお教えします。

Chapter6 なぜ、背景を白くするのか?

「白い缶」を撮影するために、今回は「白い背景」を使いました。
しかも、正しい白になるように、ライトも細かく調整しています。
それはなぜか?
じつは、あなたの作業がとても楽になる理由があるんです。

Chapter7 商品の輪郭をはっきりさせる

じつは、商品の輪郭がはっきりしている写真と、そうでない写真では、 商品の印象がかなり違います。
文房具屋さんにある数百円で買える○○を足すだけで、ガラッと商品の印象が良くなる。
そんなプロのテクニックをぜひ身につけて下さい。

Chapter8 カメラの選び方

商品撮影に、スマートフォンやコンパクトデジタルカメラ、 ミラーレス一眼レフカメラは使えるの? 一眼レフカメラを選ぶ時のプロの基準は?そんな疑問にお答します。

Chapter9 レンズの選び方

一眼レフカメラでは、レンズの選び方によって写真の仕上がりが違ってきます。
ここでは、どんなレンズを選ぶと、どんな写真が撮れるのか?を解説しながら、商品を撮影するときにベストなレンズをご紹介します。

Chapter10 スタジオ機材の基本的な使い方

三脚や三脚にカメラを固定するための台で商品撮影におすすめのもの。三脚を倒すことなく、安全でスムーズに撮影作業を進めるために、注意するべきポイントなど。
プロならではの視点から、初心者のあなたにこそ知っておいて欲しい内容です。


実践編

Chapter11 白い商品を撮影する

白い商品の撮影では、他の色の商品の撮影よりも、注意しておくべきポイントがあります。
このポイントさえ知っていれば、仕上がった写真で商品が明るすぎる、暗すぎる、という悩みをズバッと解消できるでしょう。
さらに、撮影の手順もより実践的に、詳しく学んで頂けます。

ここでは、サプリメントのボトルの撮影を例にしましたが、この撮影方法を学べば、化粧品などのボトルや、白い箱、白い雑貨、白い家電製品、他にも白い衣類などの撮影にも応用して頂ける内容です。

Chapter12 透明の商品を撮影する

中身の透き通った商品では、中身の液体がレンズの効果を生んで、撮影セットの横や後ろ側の広い範囲が商品に映り込んでしまいます。そんな時はどう対処すればいいのか?を撮影を通じてご紹介します。
撮影の段階でスッキリと映り込みをカットしておくと、あとで画像処理をしなくていいので、驚くほどあとが楽になる撮影方法です。

また、この撮影テクニックは、透明の化粧品、飲料水、ガラス製品、さらに、スーパーやコンビニなどで売っている透明のパックに入った商品などにも活用できます。

Chapter13 黒っぽい商品を撮影する

赤ワインのように中身の色が濃い商品の場合、表面が鏡のようになって、 周りのものが色々と映り込んでしまいます。
じつは、同じガラス瓶に入った商品でも、中身の色の濃さの違いによって注意する点や、ライトのセット位置もまったく異なります。
余計な映り込みをカットして、いかに美味しそうな写真にするか、プロのテクニックをぜひ参考にしてみて下さい。

ここでの撮影は、色の濃い飲料だけでなく、化粧品の黒いパッケージのマスカラや、黒っぽくツヤ感のある雑貨、家電製品などに応用できます。

Chapter14 おわりに

おわりのご挨拶です。 今回のまとめと、学んだことが、今後どのような場面で活かせるのか? ということを少しお伝えします。



講師について

写真家 高崎勉

講師:写真家 高崎勉

雑誌、ポスターなどの広告撮影の第一線で活躍する傍ら、自主作品の制作&発表を行う。
また数多くの写真家を輩出し、ポートフォリオレビューを通じて国内外の写真家の作品講評、
プロデュースも行う。
「第65回毎日広告デザイン賞・発言広告の部 最高賞」他、受賞多数。
Art Box International「現代日本の写真 Vol.7」、エフエム美術研究所「世界芸術家辞典」等、掲載誌多数。
・「NPO法人 日本の写真文化を海外へプロジェクト」理事。
・「一般社団法人TOKYO INSTITUTE OF PHTOGRAPHY」 専門家正会員。

高崎勉 作画紹介

      

画像をクリックすると、大きい画像を見ることが出来ます。


第65回毎日広告デザイン賞・発言広告の部 グランプリ受賞。
87th N.Y.ADC Graphic Design・Poster Design部門 入賞。
日本広告写真家協会・「日本の広告写真」'98, '00, '02, '04, '06 入選。
「APAアワード2007 広告作品部門、写真作品部門」入賞。 
Art Box International・「現代日本の写真 Vol.7」掲載。

個展

2013 ギャラリー・アルティザン・Tokyo(駒込)にて「First Contact」展
72 Gallery (京橋)にて「Commercial Photographer’s Battle」展。
2012 ギャラリー・ヴィグロワ(茗荷谷)にて「Silhouette」展。
2011 ギャラリーVIGLOWA(茗荷谷)にて「Life」展開催。
ギャラリーVIGLOWA(茗荷谷)にて初の個展となる「Breath.」展開催。
ギャラリーVIGLOWA(茗荷谷)オープニング企画「美・GLOW・輪」展に参加。
レクトヴァーソギャラリー(茅場町)企画展「Professional photograph exhibition」開催。

経歴

2013 輩出したフォトグラファーを集め、商業撮影グループ「Team Takasaki」結成。
若手フォトグラファーを育成するワークショップ「Takasaki Seminar」開催。
JapanPhotoGlobe(日本の写真文化を海外へプロジェクト)に参加。
一般社団法人日本写真学会会員。
一般社団法人TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY専門家会員。
2012 新宿区西落合に事務所移設。
2001 有限会社高崎写真事務所設立。
1999 (株)アマナ退社。高崎写真事務所開設。フリーとして活動開始。
1990 フォトグラファーとして活動を始める。
1987 東京工芸大学短期大学部卒業。(株)アーバンパブリシティ入社。(現 アマナコーポレーション)
1967 富山市生まれ。

ーTakasaki Seminarー

Takasaki Seminarはフォトグラファーを育成するワークショップです。 
プロフェッショナルのための実践的な撮影技術の指導し、現場での対応力を研鑽します。 
研修生は実際の仕事の現場に関わる機会もあります。
(クライアントの了承が取れた場合に限ります。)

対象:若手フォトグラファー、カメラマンアシスタント

ーその他教育活動、技術指導ー

・写真教室の企画・運営(テーマ各種)/目的に沿った写真教室を少人数制で行います。 
・出張指導 企業、プロダクションのための撮影指導/企業サイト運営など自社での写真撮影の講習を出張で行います。
・その他各セミナー講師




ページトップへ

HOME | 事業内容 | 商品・サービス | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | パートナー企業 | プライバシーポリシー | サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。