わずか3ステップで写真が劇的に上手くなる!!一眼レフカメラ上達講座 3弾セット

HOME > 商品・サービス > わずか3ステップで写真が劇的に上手くなる!!一眼レフカメラ上達講座 3弾セット 監修:写真家 高崎勉

わずか3ステップで写真が劇的に上手くなる!!一眼レフカメラ上達講座 3弾セット

わずか3ステップで写真が上手くなる!!
一眼レフカメラ上達講座 3弾セット
(人物撮影編・風景撮影編・物花撮影編)

監修:高崎勉


商品構成:教本1冊 A4版70ページ
DVD3枚 
収録時間(59分、43分、37分)

在庫状況:在庫あり

価 格:
29,800円(税別 )
(税込価格: 32,184円)

発 送:翌営業日に発送します。

買い物カゴに入れる

初めてでも分かる!撮れる!
これまで写真を学んだことがなくても大丈夫
カメラ専門書のような難しい内容を知らなくても感動の写真が撮れるようになる。
見るだけでグングン技術を学んでいける
基礎がしっかりしているので、応用に活用できる
コンテストに応募できるレベルにも対応
写真を撮りたくてウズウズしてくる楽しい解説DVD
短期間で上手な写真を撮るテクニックを学べる
高崎先生の明るく分かりやすい解説で楽しく受講できる
あなたのペースに合わせて好きな時間に学べる
身近なものから撮影していくことで技術を身に付ける
思わず使ってみたくなるテクニックが満載
プロの技術を知る、めったにない機会

など、 初めてカメラを手にする方でもわかりやすく、楽しく自慢の写真を撮るための盛り沢山な内容となっています。



商品概要

あなたの大切な思い出や、忘れられないシーンを写真に残すことは、 あなたの人生を保存するようなものだと思います。
そして、同じ大切にする写真なら、なるべくあなたの感動や感情が そのまま残せるようなお写真を撮りたいと思うことでしょう。
ですが、カメラの性能がどんなに良くなっても、やはり 撮り手の技量は関係してきます。
この一眼レフカメラ上達講座 3弾セットでは、初めての方でも「感動の一枚」を撮ることが出来る、 忘れられない思い出をそのまま写真に残すための方法をお伝えします。


センスなんて無くても、感動の一枚は撮れる!!
“最高の瞬間”をバッチリ撮るためのテクニックが
ご自宅で“見て”“聞いて”“分かる”講座になりました。


「風景や花も素敵に撮ってみたい!」「とても分かりやすかったので、もっと教えて欲しい!」そんなお客様の声にお応えして、1弾の人物を撮るだけではなく、2弾の「風景撮影編」3弾の「物、花撮影編」と すべてセットにしてお届けできるようになりました!

「目の前の素晴らしい風景を写真に残したい・・・」「お気に入りの小物や、きれいな花を写真に撮りたい・・・」そんなご要望にお応えいたします。あなたの撮りたい写真を、もっと自在に撮れるようになるために風景撮影のポイントや、室内での撮影のポイントなどを解説しています。
きっとこれだけのことを知ったなら、もう何年もカメラをやっているかのような素敵な写真をバシバシ撮れるようになるでしょう。


目次・章立て

人物撮影編

Chapter1 はじめに

スマートフォンやデジカメなどの普及によって身近になったカメラでより上手に写真を撮るには?ごあいさつ

Chapter2 今すぐできる、カメラの機能を100%発揮する方法

ブレにくいカメラの構え方やマニュアル設定、ピントの合わせ方など、カンタンで今すぐできるカメラ設定をご紹介します。

Chapter3 一から解説。状況に応じたレンズの使い分け

レンズを使い分けることで、写真の見え方がぜんぜん違う!よりきれいで納得のできる写真を撮るために、レンズの種類や使い分けを学びましょう。

Chapter4 何気ない写真から感動の1枚にステップアップ!

記念写真と作品との大きな違いとは!?何気ない写真から感動の一枚にステップアップするためのポイントを解説します!

Chapter5 いよいよ実践!人物を撮るときの大切なポイント

写真撮影のマナーや初対面の人に撮影をお願いする方法など、実践的な撮影テクニックを学びます。

Chapter6 
より良い人物写真にするための、自然な笑顔を引き出し方

自然に笑顔を引き出すためのテクニックをご紹介します。自然な笑顔はより被写体の印象をアップさせます。

Chapter7 人物写真がグッと良くなるフレーミングのポイント

知っているのと知らないのとでは全く印象が違ってくるフレーミングのポイントについてご紹介します。正しいフレーミングで写真がよりバランスよく表現できます。

Chapter8 良い人物写真ってどんな写真?

どんな写真が良い写真なのか?良い写真を撮るためのテクニックを解説します。

Chapter9 光の当たり方で変わる写真の印象について

逆光で写真の顔が暗くなってしまったなんてことはありませんか?失敗しない逆光での写真のとり方や、光の当たり方によって変わる写真の印象について解説します。

Chapter10 バランスの良い構図の人物写真にするには?

被写体の向きによって構図のバランスを変えていきます。バランスの良い人物写真にするためのポイントをご紹介します。

Chapter11 動いている子供をブレずに撮る方法

動いている被写体を撮ろうとして、写真がブレてしまったなんてことはありませんか?なぜブレるのか?ブレずに撮るためには?写真がブレないためのポイントを学びます。

Chapter12 あなたの写真をダイナミックにするたった1つのコツ

子どもやペットなど、小さな被写体をよりダイナミックに見せるコツをご紹介します!たった1つあることをするだけで、よりダイナミックな写真を撮ることが出来ます。

Chapter13 プロ直伝!写真が劇的に上手くなる、魔法の撮り方

写真を劇的に上手く撮るための重要なポイントをご紹介します。このポイントを意識するだけで、写真の印象が魔法をかけたように良くなります!

Chapter14 構図のバリエーションを増やして写真の幅を広げる

構図のバリエーションを変えることで、写真の印象が大きく変わります。バリエーションを増やして様々な写真を撮ってみましょう。

Chapter15 より人物を引き立てる、ボケ具合の調節テクニック

ぼかしを調整することで、写真の印象を自由に変えることができるテクニックを身につけましょう。


風景撮影編

Chapter1 はじめに

物を撮影する時に大切なことをお伝えします。どんな光でどんなふうに撮っていくのか、 ロケーションの把握はとても大切です。

Chapter2 物を撮るときの大切なポイント

動かない“物”を撮るのは、一番簡単そうに見えて、実は難しい!その理由と、どうすれば「見たままの感動」を伝えられるのかを解説します。きっと、物を撮影することの奥深さ、楽しさを分かっていただけるでしょう。

Chapter3 ただのグラスを芸術的に仕上げるテクニック

特別なものは一切使いません。 今ある光で、最大限にその“物”の持つ魅力を引き出す撮影方法を解説していきます。ポイントは、光の使い方。 あなたの身の回りのものが「素敵な被写体」に見えてくるでしょう。 ぜひこの解説を参考に、身近な物たちを撮影してみてください。 

Chapter4 イメージ通りに花の色を表現する方法

自分の出したい色味で写真を撮る方法をお伝えします。ちょっと温かみのある色で撮影したい、クールな感じで撮影したい、などなど、あなたの撮りたい写真を撮るためにとても大切な内容になっています。

Chapter5 花を輝かせる、とっておきのアイテム

花のみずみずしさ、生き生きとした感じを写真に残す方法をお伝えします。自宅にあるような日用品を使って、花を美しく撮る方法をお教えします。

Chapter6 
プロ直伝!物撮りの背景の決め方と作り方

どんなに頑張って撮影しても、イマイチ撮った物が映えない・・・というお悩みはありませんか?実は、その原因は「背景」にあるかもしれません。簡単な方法で、あなたの撮りたい物がググっと素敵に見える方法をお伝えします。

Chapter7 写真のセレクト&トリミングのコツ

写真は撮ったら終わり、ではありません。実は、プロは撮った後の方をとても重要視しています。ちょっとした工夫で、ボツ写真が感動の一枚に生まれ変わる、そんな方法を知ってみたいと思いませんか?必見の内容です。

Chapter8 写真にストーリー性を持たせる「組み写真」について

写真は一枚だけでも素敵ですが、組み合わせてもっと素敵なストーリーにすることも可能です。ここでは、写真を組み合わせて、面白いストーリーにしていく方法をお伝えしています。 アルバムを作成するときなど知っておくと便利な、ワンランク上の内容になっています。

Chapter9 
より心に響く写真の選び方、組み合わせ方

どんな組み合わせで、どんな印象になるのか。伝えたいことにフォーカスした写真の選び方、組み合わせ方をお伝えします。 あなたの思い出の写真も、組み合わせていくとまた別の感動が生まれることでしょう。

Chapter10 プロとアマチュアの決定的な違いとは?

同じカメラで、同じ風景を撮っても、なぜ、同じ写真にならないのか?そこには、プロならではの視点があります。 あなたもプロの視点を知ることで、今日から素人とは一味違う写真を撮れるでしょう。最後にお伝えする、写真の本当の面白さ、本当の魅力をぜひ知ってください。


物・花撮影編

Chapter1 はじめに

なかなか思い通りに撮れない風景撮影。ごあいさつを兼ねまして、
風景撮影のキーポイントをお伝えしていきます。

Chapter2 風景撮影の心構え

外に出かけて撮影をするからこそ、気をつけなくてはならないことがあります。寒いときの注意点など、経験豊富なプロだから知っている内容を伝授いたします。

Chapter3 プロ直伝!風景撮影の設定&機材

風景を撮る時と、人物を撮るときは何が違うのか?カメラの設定次第で写真がガラっと変わってきます。どんな設定で、どんな写真が撮れるのか、実例を交えて分かりやすく解説しています。 

Chapter4 風景写真のメインと背景の決め方

ただ風景を撮っても、つまらない写真になってしまいます。なぜ、プロが撮ると風景が活き活きとしているのか?そのヒミツは、メインと背景のバランス。 実は、あることを意識するだけで、あなたの風景写真が見違えるように感動の景色に早変わりします。

Chapter5 ズームレンズを使った風景の切り取りテクニック

自分が撮りたかったものが伝わる写真とは?一眼レフだからこそできる、あなたの伝えたい心情、感情を伝える一枚の撮り方を解説していきます。

Chapter6 
感動の風景写真が「撮れない理由」と「撮る秘訣」

風景撮影編のもっとも重要な部分です。目で見たままの感動が表現できないのはなぜか。 そして、目で見た以上の感動を表現するためには、どうすればいいのかをお伝えしていきます。ここで、きっとあなたの悩みはスッキリ解決できることでしょう。


Chapter7 これで納得!縦構図・横構図の使い分けテクニック

カメラを縦にする時と、横にする時。何となく判断していませんか?
実は、プロの写真家は理由があって、縦構図と横構図を使い分けています。その理由と使い分けのポイントをじっくりお伝えします。
高崎先生の作品を見ながら、ワンランク上の構図の使い方についても解説をしています。 この章で、あなたの写真のクオリティがグッと高まることでしょう。

Chapter8 あなたの感情が伝わる風景写真の撮り方

「何か思った写真と違う・・・」という経験はありませんか?それは、あなたの撮りたかったものが、うまく伝わっていない証拠です。あなたがその景色を目の前にした時、何を感じたのか。それをうまく伝えるための撮り方をお伝えします。角度や撮る位置、撮り方、などなど、具体的に撮り方が分かる、とても面白い講座です。

Chapter9 
シャッタースピードの調節で写真に「動き」を表現する

誰もが一度は憧れる、水辺や海の美しい写真。あなたにもそんな美しい写真を撮るコツをお伝えしていきます。シャッターの切り方一つで、撮れる写真が全く変わってきます。水しぶきの一滴一滴を撮りたいのか、流れる様を撮りたいのか。自由自在に写真が撮れるようになるレクチャーです。

Chapter10 夕焼けを綺麗に写すポイント

夕焼けは、撮る時間帯でとっても上手に撮れます。知っているだけで上達する「上手に写真が撮れる時間帯」をお教えします。 ついでに夜景の撮り方もお教えします。 実は夜景は、夜撮っていない!?驚きの新事実を包み隠さずお教えします。



著者について

写真家 高崎勉

著者:写真家 高崎勉

雑誌、ポスターなどの広告撮影の第一線で活躍する傍ら、自主作品の制作&発表を行う。
また数多くの写真家を輩出し、ポートフォリオレビューを通じて国内外の写真家の作品講評、
プロデュースも行う。
「第65回毎日広告デザイン賞・発言広告の部 最高賞」他、受賞多数。
Art Box International「現代日本の写真 Vol.7」、エフエム美術研究所「世界芸術家辞典」等、掲載誌多数。
・「NPO法人 日本の写真文化を海外へプロジェクト」理事。
・「一般社団法人TOKYO INSTITUTE OF PHTOGRAPHY」 専門家正会員。

高崎勉 作画紹介

      

画像をクリックすると、大きい画像を見ることが出来ます。


第65回毎日広告デザイン賞・発言広告の部 グランプリ受賞。
87th N.Y.ADC Graphic Design・Poster Design部門 入賞。
日本広告写真家協会・「日本の広告写真」'98, '00, '02, '04, '06 入選。
「APAアワード2007 広告作品部門、写真作品部門」入賞。 
Art Box International・「現代日本の写真 Vol.7」掲載。

個展

2013 ギャラリー・アルティザン・Tokyo(駒込)にて「First Contact」展
72 Gallery (京橋)にて「Commercial Photographer’s Battle」展。
2012 ギャラリー・ヴィグロワ(茗荷谷)にて「Silhouette」展。
2011 ギャラリーVIGLOWA(茗荷谷)にて「Life」展開催。
ギャラリーVIGLOWA(茗荷谷)にて初の個展となる「Breath.」展開催。
ギャラリーVIGLOWA(茗荷谷)オープニング企画「美・GLOW・輪」展に参加。
レクトヴァーソギャラリー(茅場町)企画展「Professional photograph exhibition」開催。

経歴

2013 輩出したフォトグラファーを集め、商業撮影グループ「Team Takasaki」結成。
若手フォトグラファーを育成するワークショップ「Takasaki Seminar」開催。
JapanPhotoGlobe(日本の写真文化を海外へプロジェクト)に参加。
一般社団法人日本写真学会会員。
一般社団法人TOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY専門家会員。
2012 新宿区西落合に事務所移設。
2001 有限会社高崎写真事務所設立。
1999 (株)アマナ退社。高崎写真事務所開設。フリーとして活動開始。
1990 フォトグラファーとして活動を始める。
1987 東京工芸大学短期大学部卒業。(株)アーバンパブリシティ入社。(現 アマナコーポレーション)
1967 富山市生まれ。

ーTakasaki Seminarー

Takasaki Seminarはフォトグラファーを育成するワークショップです。 
プロフェッショナルのための実践的な撮影技術の指導し、現場での対応力を研鑽します。 
研修生は実際の仕事の現場に関わる機会もあります。
(クライアントの了承が取れた場合に限ります。)

対象:若手フォトグラファー、カメラマンアシスタント

ーその他教育活動、技術指導ー

・写真教室の企画・運営(テーマ各種)/目的に沿った写真教室を少人数制で行います。 
・出張指導 企業、プロダクションのための撮影指導/企業サイト運営など自社での写真撮影の講習を出張で行います。
・その他各セミナー講師




ページトップへ



HOME | 事業内容 | 商品・サービス | 会社概要 | 採用情報 | お問い合わせ | パートナー企業 | プライバシーポリシー | サイトマップ


掲載の記事・写真・イラストなど、すべてのコンテンツの無断転写・転載・公衆送信などを禁じます。